納豆ごはんと生きる。

ガチ恋が怖くなってやめた、ゆるオタアラサー女のブログ。

ガチ恋の不毛さ、不健全さ~推しと私とリア恋枠~

 

 さて、後編です。さくさく行こう。前回のエントリー(私が過去に経験したガチ恋(みたいなもの)の話)は↓こちら↓。

 

dddoon.hatenablog.jp

 

 私は昔から、人を好きになるのに理由とか性別とか知り合ってからの期間とか住んでいる世界とかそういう定性的な情報は関係ないと思っている人間である。対象が一般人だろうと芸能人だろうと二次元だろうと好きになってしまったら仕方ないよね、というスタンスだ。自分に対しても、他人に対しても。だから不倫とかストーカーみたいな社会的に悪だとカテゴライズされるような言動さえしていなければ、ガチ恋している人に引いたりすることは一切ない。

「あんなの表向きに作ってる姿であって、本人の本当の性格も知らないのに好きになるなんてありえない!」なんていう意見をよく聞くけれど、そんなことは(私は)重々理解していて、その表向きに作られた姿を好きになってしまったんだから仕方ないじゃないか。作り込んだ自分を魅せるのが上手い推しが悪い。っていうか、中身をよく知らないっていう意味では「対象が一般人の一目惚れ」だって似たようなものじゃんね。

 

 ただ、ガチ恋は不毛だとは思う。果敢なくて虚しくて不健全だ。前編で述べた私の経験ではそれを裏付けるには弱すぎるかもしれないけれど、今まで何度も「私の好きはファンとしての好きなのか恋愛の好きなのか」を考えて、その度に答えが出なくて心が滅入るという経験をしてきた。

世間一般(?)のガチ恋の最終目標を【推しとの結婚】と仮定して話を進めると、こちらがどんなに強く想っていても推しが誰かとの結婚を発表した瞬間に「ワンチャンス」と称したすべての可能性は儚く消えてなくなってしまうし、一般人相手の恋愛と違って周囲の雰囲気から結婚の予兆を感じ取ることもできないから、推しにその恐ろしい宣告をされるのは「いきなり」であることも最初から決まっている。つまり、ガチ恋はいつだって「突然傷つく可能性と隣り合わせにある」わけだ。そんなの最初から分かりきっている事なんだけれど、いつか来る「その日」のことを気にして、怯えながら推しを応援するのは不健全だなと思う。

 以下は私自身の話且つ私の勝手な我儘なのだけれど、だったらガチ恋だと自分で気付いていない時点で(つまり私にとっては今)「彼女がいるよ!」「妻帯者だよ!」と宣言してくれたら、いや宣言してくれなくても、左手の薬指に指輪をしてイベントに出てきてくれたら、推しを本格的に好きにならないうちに自制できるのになぁ。発表しないなら発表しないで、ずっと夢を見させていてほしい。ただ後者の場合に未来で待っているのは、伝えることすらできない慕情を抱えて推しを想い続けることに疲れ、何もかも嫌になった私である可能性が高い。何度も言うけれど不健全極まりないね。

 

 私の推しは「ご報告」というタイトルでブログを書いたことがある。私は結婚の報告かと思ってビクビクしながらエントリーを開いた。結論からいうとエントリーの内容は結婚でも入籍でも結婚を前提にお付き合いしていますでもなかったんだけれど、ビクビクしている自分に気付いて頭の中が真っ白になった。私なんでビクビクしてるんだろう?推しが結婚するのが嫌なのはどうしてだ?この世の中でたった一人、「推しに選ばれた」「誰か」の「特別な人」になってほしくないから?

これについてはまだ答えは出ていないけれど、様々なブログを巡る中、某所で見かけた「二人きりで会ったことも話したこともないのに本当に恋をしてしまうくらい、(顔や役などではなく)彼の人間性を好きになったのなら、もし誰かと結婚してしまったとしても、ずっと好きな一個人、という視点で応援できないかな?」という言葉が心に残っている。

 

 少し話が逸れてしまったので戻そう。私の今の推しは大人な人で、本人の中で定めているのであろうファンとの距離感をいつでも保っているし、「自分は声優で、相手はファン」ときちんと線引きができている人だと思う。イベントでも必要以上にファンサはしないし、特定の人(熱烈なファンとか)からの黄色い声援を優先して応えたりしているところも見たことがない。真面目な人だから仕事は仕事だしファンはファンと割り切って、過度に期待を持たせるようなことはしないと決めているんだろうな、と感じられるし、そういうスタンスでいようとしているのも(私には)ちゃんと伝わってくる。

でも万が一推しにガチ恋をしてしまったとしたら、先述したような線引きをしてくれている推しに対して、そのテリトリーを自ら進んで侵しにいくという愚行を働かないといけないわけだ。そんなの推しに嫌われに行くようなものだし、そんなことはしたくない。っていうか誰だって推しには嫌われたくないよね。

だから私は(願望としては)推しにガチ恋するのではなく、推しの「綺麗なファン」でいたい。同担に対して嫉妬を剥き出しにし、必死に良席を勝ち取りに行く醜い姿を推しに見られて、うわぁ引くわ・・・なんて思われたら?考えただけでもゾッとする~~~~~!!!!!嫌すぎる~~~~!!!!イベントでは一歩引いたところからにこにこ(ニヤニヤではない)笑顔で推しを見て、ひたすら純粋に、聖母のように推しの成功を願うファンでありたい。

 

 でも、汚い本音をちょっとだけ洩らすと、私の推しに対してキャー○○さんファンサして~♡とか言ってるファンはぶん殴りたくなるし気持ち悪いとすら思ってしまう。たぶんこの「ぶん殴りたくなる」はファンの声援に絆された推しのスタンス(ファンとの距離感とか)が変わってしまったらどうしよう、怖い、そうなってしまうかもしれない原因を作るな、という感情からきていて、「気持ち悪い」は醜い嫉妬からきてるんだと思う。本当は私もキャーキャー言いたい、でもその姿を推しに見られて万が一引かれたらと思うと怖い、嫌だ。

前者の「スタンスが変わってしまったら」という点については、同担にではなくスタンスを変えた推しに悲しくなる・失望するのが筋のはずなんだけれど、これまでしっかりと自分を持っていた推しがスタンスを変えるほどの原因を作った同担がいるならそいつらは許したくないって思う。あ、私完全に同担拒否じゃん。ん?同族嫌悪?いや、そもそも推しに「こうあってほしい」と私の理想を押し付けているのが問題なのか・・・?わっかんね。。。

この辺は今後のテーマにしようと思っている<同担拒否><認知>なんかともちょっと関係あると思うから、いずれまた触れようと思う。

 

 と、今までモヤモヤと考えていたことをずらっと並べたけれど、こんな矛盾した気持ちにずーーーっと振り回されるなんて、この言葉を出すのはもう5回目くらいになるけれど、ガチ恋って不健全にもほどがない??あるよね?不健全の極みじゃない?日本中に同じ気持ちを抱えた男女が何万人いるんだろうと思う。

そしてここまで吐き出してみて、いい加減このエントリーのオチをつけなければと思ったので結論を出すけれど、2016年6月末時点の私は「リア恋枠」という位置に推しを置いているのかなと感じた。もし推しが結婚を発表したとしても、今ならまだ傷は浅いレベルで済む(と思う)。だから今はまだこの気持ちは「ガチ恋」というレベルには及んでいないと判断する。ただ、推しが父親をしている姿が想像出来すぎるというのとその推しを妻として隣で支えたいという思いが私の中にあるのも事実で、子どもは苦手なこの私が推しとの子どもだったら欲しいとさえ思っている。ぶっちゃけ付き合うより結婚したい。これはいつでもガチ恋に発展し得る状況ではないだろうか?!つまり「リア(ルで)恋(をする可能性がある)枠」なのでは?!?

でも私はこれまで書いたような不健全な恋をもうしたくない。今だって推しへのスタンスを探るためにこのブログを始めたけれど、この気持ちはガチ恋なんだと腹落ちしてしまったらそれが最後、99.999999999%叶わないつらい恋の始まりだと思っている。ガチ恋は失うものが多いだけでなく、得られるものも少なすぎるよ。

だから私は今日も推しを「妻子持ち」だと思い込むことで「自制」して、「綺麗なファン」でいようと頑張り続けるんだーーーー!!!

あー、推しとの子どもが欲しい。推しと結婚したい(白目)